(出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



神戸がJ史上最高営業収益を計上 海外も報道「バルサの元キャプテンがやってきたことで…」

 Jリーグは27日、2019年度のクラブ経営情報を開示した。ヴィッセル神戸はJ史上最高営業収益の1144000万円を計上したことを受け、海外メディアも「これぞ所謂“イニエスタ効果”だ」「あらゆる狂騒曲を引き起こしてきた」と注目を寄せている。

 今回、新型コロナウイルスの影響により決算の確定が延期となった水戸ホーリーホック栃木SC東京ヴェルディ横浜FCレノファ山口SC相模原の6クラブに加え、3月決算である湘南ベルマーレジュビロ磐田柏レイソルY.S.C.C.横浜の4クラブを除いた45クラブの情報が発表されている。

 神戸はこれまでのJ史上最高額だった2018年度の96億6000万円を上回り、初めて100億円以上を記録。2018年夏にバルセロナから加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの存在が絶大な好影響をもたらしたことが要因と考えられるが、海外メディアも神戸のJ史上最高営業収益に注目を寄せている。

 スペイン放送局「CATALUNYA RADIO」は「これぞ所謂“イニエスタ効果”だ。ちょうど2年前にバルサの元キャプテンが神戸にやってきたことでファンの関心が高まり、ヴィッセル神戸の経済が急上昇した」と説明。アルゼンチンメディアOle」は「イニエスタは日本上陸以来、あらゆる狂騒曲を引き起こしてきた」と取り上げている。

 世界的スーパースターの神戸加入はサッカー界全域で話題を呼び、前回から注目が注がれてきた。昨季からはキャプテンも務めており、ピッチ上で奏でる異次元の魔法はいまだ健在だが、その影響力が数字となって表れる結果となった。(Football ZONE web編集部)

ヴィッセル神戸でキャプテンを務めるMFアンドレス・イニエスタ【写真:高橋学】


(出典 news.nicovideo.jp)