(出典 sportiva.shueisha.co.jp)



2018年5月26日、神戸の本拠地でイニエスタが登場 「バルサレジェンドを歓迎」

 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今季で来日3シーズン目を迎えているなか、「この日:何千人ものヴィッセル神戸ファンバルサレジェンドイニエスタを歓迎」と“日本初登場”に再び注目が集まっている。

 現在36歳のイニエスタバルセロナ下部組織出身で、2002年トップチームデビュー。以降、主力へと成長を遂げて数々のタイトルを獲得し、18年夏までバルサ一筋でプレーした。その後、神戸へ加入し、日本のファンを魅了し続けている。

「この日:何千人ものヴィッセル神戸ファンバルサレジェンドイニエスタを歓迎」と報じたのはAP通信テレビニュースだ。記事では2018年5月26日の出来事にスポットを当て、「神戸はバルセロナスペインレジェンドを日本に迎えた。ノエビアスタジアムに初登場した」と記している。神戸の本拠地で行われたウエルカムセレモニーで、イニエスタユニフォーム姿をお披露目。大勢のファンが入ったスタジアムは大歓声に包まれた。

 脚光を浴びたイニエスタは、同年8月11日のJ1第21節ジュビロ磐田戦(2-1)で初ゴールマーク。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが鋭いスルーパスを受けると、イニエスタが華麗な反転トラップで相手を置き去りにすると、ポーランド人GKカミンスキーの牙城を崩してJリーグゴールを奪った。

 イニエスタゴールは瞬く間に世界を駆け巡り、当時ポーランドメディア「PRZEGLAD SPORTOWY」は「すでに日本で旋風。ワンダフルな一撃に沈んだポーランドのGK」「スペイン人の壮観なボールスキルにカミンスキーは止める術がなかった」と伝えていた。

 今季は新型コロナウイルスの影響で開幕戦後にシーズンが中断。再開に向けて準備が進むなか、スペインの天才MFが再び観客を魅了してくれるはずだ。(Football ZONE web編集部)

神戸加入時の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)