(出典 www.soccerdigestweb.com)



アウベス、ピケに次ぐ1位は、ドルトムントからフリーで獲得したレバンドフスキ

 マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督は2007年に監督キャリアをスタートさせて以降、数々のトロフィーを獲得し、成功を収めてきた。そんな同監督はこれまで、数々の選手を獲得してきたが、英メディア「GIVE ME SPORT」は「ベスト契約トップ10」と見出しを打ち、紹介している。

 グアルディオラ監督は2008-09シーズンバルセロナのBチームからトップチーム指揮官に昇格すると、就任1年目でいきなりスペインクラブ史上初となる三冠を達成。バルセロナでは、計3回のリーガ・エスパニョーラ制覇や2度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルを獲得した。

 13年から指揮したバイエルン・ミュンヘンでもブンデス3連覇や二度のDFBポカール優勝など成功を収め、16-17シーズンからマンチェスター・シティへ。17-18シーズンには史上最多勝ち点でプレミアリーグを制覇するなど、イングランドでも結果を残してきている。

 タイトルだけでなく、これまでに多くの名選手も獲得してきた名将グアルディオラ監督。「GIVE ME SPORT」が選んだ「ベスト契約トップ10」には、現在シティで指導するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンやポルトガル代表MFベルナルド・シウバフランス代表DFアイメリク・ラポルテなどの名前が挙げられた。

 トップ3に輝いたのは、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、元スペイン代表DFジェラール・ピケ、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスの3名。

 2位ピケと3位アウベスは2008年、それぞれセビージャマンチェスター・ユナイテッドからグアルディオラ監督率いるバルセロナに移籍。イングランドで適応できなかったピケは、同監督によりわずか450万ポンド(約5億9000万円)でスペインに復帰すると、それから12年間で531試合47得点と今でも世界最高のディフェンダーの1人として活躍している。一方、3195万ポンド(約41億8600万円)でバルセロナに加入したアウベスは、世界最高の右サイドバックの1人として確固たる地位を築き上げ、8シーズンで391試合21得点をマークした。

 そして、1位のレバンドフスキ2014年グアルディオラ監督が指揮していたバイエルンドルトムントからフリートランスファーで加入。同監督のブンデス3連覇に大きく貢献し、これまでに276試合出場231得点を挙げてきたことを考えると、一銭も支払わずに獲得できたのは、まさに「ベスト契約」だったと言えるだろう。

メディア「GIVE ME SPORT」が選出したグアルディオラ監督の「ベスト契約トップ10」は以下の通り。

10位 MFイルカイ・ギュンドアン(ドルトムントマンチェスター・シティ2016年
9位 MFベルナルド・シウバASモナコマンチェスター・シティ2017年
8位 DFアイメリク・ラポルテ(アスレティック・ビルバオ→マンチェスター・シティ2018年
7位 MFチアゴ・アルカンタラ(バルセロナバイエルン・ミュンヘン2013年
6位 MFハビエル・マスチェラーノリバプールバルセロナ2010年
5位 DFヨシュア・キミッヒ(シュツットガルトバイエルン・ミュンヘン2015年
4位 GKエデルソン(ベンフィカマンチェスター・シティ2017年
3位 DFダニエウ・アウベス(セビージャバルセロナ2008年
2位 DFジェラール・ピケ(マンチェスター・ユナイテッドバルセロナ2008年
1位 FWロベルト・レバンドフスキドルトムントバイエルン・ミュンヘン2014年)(Football ZONE web編集部)

名将ペップ「ベスト契約トップ10」を英メディア選出【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)