(出典 football-tribe.com)



フランス代表「匿名選手」が金メダルオークションで競売にかけて注目

 2018年ロシアワールドカップ(W杯)でフランス代表が優勝したなか、当時のメンバーの1人が金メダルオークションにかけ、7万1875ドル(約770万円)で落札されたという。オランダ公共放送NOS」が報じた。

 フランス代表は2018年ロシアW杯で、自国開催の1998年大会以来、20年ぶり2度目の優勝を果たした。そんなフランス代表のメンバー金メダルを競売にかけたようだ。

 記事では「匿名のフランスサッカー選手が、ワールドカップメダルを競売にかけた」と報道。さらに「この選手は匿名を希望していると、オークションハウスジュリアンズ・オークションが発表した」と記している。

 オークションハウスジュリアンズ・オークションは公式ツイッターで、オークションにかけられたW杯の金メダルを公開。「7万1875ドルで落札!」と伝え、「本日の『Sports Legends』オークションで販売された」と続けた。またベルギーメディア「sporza」は「(キリアン・)ムバッペ? (ポール・)ポグバ? (アントワーヌ・)グリーズマン? 黄金の宝石がオークションにかけられた」と反応している。

 どの選手が所有していたメダルか判明していないものの、記念メダルオークションに驚きが広がっているようだ。(Football ZONE web編集部)

ロシア・ワールドカップの金メダルがオークションに出品?【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)