(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



アーセナルレジェンドであるイアンライト氏が退団の噂が絶えないガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(30)の状況に理解を示した。イギリスミラー』が伝えている。

2021年6月30日アーセナルとの契約が切れるオーバメヤン。チームの得点源として活躍を続けているが、現状はクラブとの契約延長が進んでいない。

シーズンは得点王に輝き、今シーズンもここまでプレミアリーグ2位の17ゴールを記録。しかし、チームは結果が出ず、今シーズンタイトル獲得の可能性も勝ち残っているFAカップのみとなっている。

これを受け、オーバメヤン獲得には多くのビッグクラブが関心を寄せており、その中にはレアル・マドリーバルセロナマンチェスター・ユナイテッドチェルシーなどの名前が挙がっている。

クラブレジェンドであるイアンライト氏は、イギリス『Sporf』のインタビューに応え、エースの状況について言及。残留を願いつつも、仮に退団した場合、彼を責めることはできないとした。

「(彼が来シーズンアーセナルにいることを)願っているよ」

「でも、キャリアの終盤に差し掛かり始めているオーバメヤンについて話すとしたら、彼は何かを勝ち取りたいと思っているかもしれない。最後のチャンスになるかもしれない。そして色々な人が、レアル・マドリーが彼の様子を伺っていると言っているんだ」

「彼がキャリアを通してゴールを量産してきたことを考えれば、それを示す何かを欲しがっているだろう。彼はドイツでもトロフィーを勝ち取っているしね」

「だが仮にもし退団したら、もし彼が退団したいという気持ちになっているとしたら、人々は彼のことを責められないだろう」

また、ライト氏はアーセナルの現状についてもコメント。現在はミケル・アルテタ監督の下で過渡期にあるとして、現状をいかに早く脱することができるかが、オーバメヤン残留のカギになると述べた。

アーセナルと彼らの苦境を見れば、クラブはアーセン・ヴェンゲル、ウナイ・エメリの後の過渡期にあると言えるだろう。今は新しい監督を迎えており、私は彼がクラブを約束された成功に導くことができると信じている」

「(オーバメヤンの残留は)彼がこの先の成功を成し遂げるまで、我慢して待っていられるかにかかってる。しかし仮に彼が待てなかったとしても、彼の年齢を考えれば、人々は何も言えないのではないかと思う」

「彼は何かを勝ち取ることができるレベルプレーするに値する選手だ」

「野心や彼の周りの人々がなんと言っているか、そして彼はクラブをどのくらい愛しているのかにかかっている。私は彼がクラブに対して多大な愛を持っていることは理解しているが、それが残留させるのに充分であることを願うしかない」

「私は彼が何をするにしても幸運を祈ることしかしたくない。でも、アーセナルに残ってくれるよう神に願っているよ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)