(出典 f.image.geki.jp)



新型コロナウイルスの影響で“止まっていた”サッカー界も各地で動きが見られるようになってきた。

そうしたなか、イタリアの強豪ローマに所属するアルゼンチン代表MF、ハビエル・パストーレが日本行きを検討していることが関係者の話でわかった。

パストーレは30歳の攻撃的MF。2009年に20歳でイタリアのパレルモへ移籍すると、2年後に加入したパリ・サンジェルマンでその存在が大きく知られるようになった。

しかし、2018年から在籍しているローマではなかなか出場機会を得られておらず、この夏の移籍が噂されている。

関係者の話によると、パストーレには複数のオファーが届いているが、本人は選択肢の一つとして日本行きを考えているという。

【関連記事】Jリーグを経由してセレソン入りした9名のブラジル人

187cmの長身に天才的なボールスキルを備え、局面打開のテクニックアイデアは世界でもトップクラスパストーレ

その才能に疑いの余地はなく、年齢的にもまだ30歳。しかもパストーレプレーは“映像映え”するだけに、しばらく無観客での開催が予想されるJリーグにおいて大きな魅力となるはずだ。

囲まれた状況から見事に突破してのゴラッソや、ネイマールばりのヒールリフトもお手のもの!

リーグ再開の足音が近づくなか、ぜひとも実現してほしい移籍である。

Jリーグに新たな大物!?アルゼンチンの天才、パストーレが日本移籍を希望か


(出典 news.nicovideo.jp)