(出典 www.footballista.jp)



ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドイタリア帰国日に遅れが出ているようだ。イギリスデイリーメール』が報じている。

C・ロナウド新型コロナウイルスの影響で3月からセリエAが中断となり、故郷ポルトガルのマデイラ島に帰省している。しかし、イタリア政府が4日からトレーニングを許可。各クラブの再開に向けた動きが活発化しており、ユベントスも帰省中の選手たちに合流を要請した。

それを受け、C・ロナウドも帰国に動いたが、足止めを食らったという。3000万ポンド(約39億8000万円)のプライベートジェット機で帰国を試みたというが、スペインの渡航規制でマドリードから出発できず…。3度の離陸挑戦も失敗に終わり、4日夕方まで帰国が遅れるという。

また、イタリア帰国後は同国政府が国外にいた選手に定めるガイドラインに従わなければならず、14日間におよぶ外出自粛の生活を過ごすことになる模様だ。なお、ユベントスは4日から社会的距離を守りながら練習を再開予定。国外帰省中の選手に3日までの帰国を求めている。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)