no title


バルセロナレアル・マドリーで活躍した元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏が、“禁断の移籍”について語った。スペインマルカ』が伝えた。

フィーゴ氏といえば、1995年夏に加入したバルセロナで5シーズン活躍した後、2000年7月にライバルクラブのマドリーへ電撃移籍。スペインを代表するライバルクラブ間での移籍は“禁断の移籍”と騒がれ、激昂したバルセロナファンがフィーゴ氏の経営するお店を破壊するなど当時は一大騒動となっていた。

今回、フィーゴ氏がインスタグラムライブ配信で、マドリー時代のチームメイトである元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏と対談し、その経緯を語った。

「重要で難しい決断だった。多くのことを与えてくれ、居心地の良かった街を離れることになるからだ。でも、自分がしていることを認められていると感じられなかった場合は、別のクラブからオファーがあったら、そのことについて考えるものだよ」

「世界の素晴らしいクラブは似ているが、主な違いはそれを形成する人々だ。私は大きな会長の交代があったマドリーに来たので、最初は簡単ではなかった」

「全てが私にとって新しいものだったが、みんなの助けを借りて、うまく適応できたと思う」

先日他界したロレンソ・サンス氏から、現在は2度目となる会長を務めるフロレンティーノ・ペレス氏の1度目の会長就任時に加入したフィーゴ氏。“銀河系軍団”と呼ばれるスター集団の一員となったが、マドリーの顔として活躍した元スペイン代表FWのラウール・ゴンサレス氏についても言及。その才能を絶賛した。

「私は、キャリアにおいて偉大なサッカー選手たちとプレーしてきた。ロナウドジダン、リバウド、ストイチコフ、グアルディオライエロ、ヴェロンと一緒にプレーし、ラウールも常にゴールを決める準備をしていた」

ラウールは、キャリアにおいてメンタリティを持っていたから、多くのもの勝ち取ることができた勝者だ。彼は常に何をすべきか、ピッチ上でどう動けば良いのかを分かっていた」

ロナウドについて話すなら、彼の特徴はスピードパワーとなるが、ラウールは何がベストかを選ぶのは難しい。ラウールは全てを少しずつ兼ね備えていた。常にゴールを奪って、違いを生み出していたからね」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)