(出典 f.image.geki.jp)



アーセナル2021年まで契約も、CL出場を望むオーバメヤンは移籍を視野に?

 チェルシーは今夏の移籍市場で、アーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの獲得を目指しているとされる。だが、現役時代にチェルシーで活躍した元スコットランド代表MFクレイグ・バーリー氏は、移籍先を熟考すべきだと主張した。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

 チェルシーは今夏の移籍市場で、大きな動きを見せると言われている。バイエルンに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョターゲットに挙げられているが、オーバメヤンも補強リストに入っているという。

 オーバメヤンとアーセナルの契約は2021年までとなっており、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場を望むオーバメヤンは、移籍を考えているようだ。オーバメヤンが契約延長に応じないことを恐れるアーセナルは、移籍金を5000万ポンド(約66億円)に設定したと伝えられている。

 現在、チェルシー以外にも、マンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリードバルセロナオーバメヤンの獲得を希望しているとされるが、バーリー氏は米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー番組「ESPN FC」で、オーバメヤンにとってチェルシーは、理想的な移籍先ではないと語っている。

「もし私がチェルシー関係者で、彼が移籍を希望していて、条件が合っているならば、間違いなく獲得に動く。だが、彼は選択肢の中からしっかりと決断をしないといけない。現在のチェルシーはまだプロジェクトの過程にある。自分がチェルシーに加わるに値すると考え、その後にタイトル争いをするというなら、それで良いだろう。でも、年齢を考えれば、彼は今すぐにタイトルを競えるクラブに行くべきだ。すぐにCL優勝を目指せるクラブにね」

将来性がある一方、チェルシーでは欧州制覇をすぐには狙えないと指摘

 実際、今シーズンチェルシーは、フランク・ランパード監督の下、アカデミー出身の選手を数多く起用してきた。バーリー氏が指摘するように、将来性はあるものの、現時点での欧州制覇は難しいかもしれない。

オーバメヤンはドルトムントでも、アーセナルでも、すぐに優勝争いに貢献できる力を示してきた。彼は正しい決断をしなければいけない。チェルシーより格上のクラブからのオファーがあれば、彼は受けるだろう。ただ、チェルシーとしては、なんとしても彼を獲得するべきだ。彼を失うことになれば、ミケル・アルテタ監督のアーセナルにとっても痛手だからね」

 オーバメヤンの移籍先に関して、チェルシーOBのバーリー氏は独自の見解を述べているが、果たして本人はどのような決断を下すだろうか。(Football ZONE web編集部)

移籍が囁かれる、アーセナルFWオーバメヤン【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)