(出典 img.footballchannel.jp)



今季レンタル中もバイエルン側は140億円で買い取りの意思なし

 バルセロナからバイエルン・ミュンヘンレンタル中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの去就が、決定に近づいているようだ。バルセロナの地元紙「スポルト」は、プレミアリーグの覇権を取り戻したいチェルシーがコウチーニョ獲得に興味を示しており、交渉に乗り出したと報じている。

 コウチーニョは2018年1月に1億6000万ユーロ(現在のレートで約187億円)で、リバプールからバルセロナに移籍。しかし、期待されたような活躍を見せることができず、今季はバイエルンレンタルされている。

 現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界中のリーグが中断となっているが、ヨーロッパシーズン終盤となっており、様々な選手の去就が注目されている。コウチーニョもその1人で多くの憶測が飛び交っているが、レンタル先のバイエルンは1億2000ユーロ(約140億円)という高額な移籍金が必要になるコウチーニョの買取オプションを行使するつもりはないようだ。

 そうなるとコウチーニョは必然的にバルサへ戻ることになるが、パリ・サンジェルマンブラジル代表FWネイマールインテルアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスを獲得するための資金が欲しいバルサは、なんとしてもコウチーニョを売りたいと考えているという。

 そこで名乗りを上げたのがチェルシーで、同紙は両クラブが交渉を開始したと報じている。もっとも「チェルシーへの移籍間近」と報じながらも、その交渉は簡単ではないと主張。バルサはコウチーニョの移籍金を9000万ユーロ(約105億円)に設定して交渉を開始したようだが、チェルシーはそれだけの金額を支払うつもりはないという。

 しかし、チェルシーには二つの勝算があるようだ。コウチーニョ自身はプレミアリーグへの復帰を望んでおり、その強い意志が一つ目。もう一つはバルサの資金繰りで、ラウタロの獲得など来季の補強に向けた資金の準備で緊急性を要するバルサは必ず妥協すると考えており、そのベストタイミングを見計らってチェルシーは交渉を開始したようだ。

 コロナ禍リーグの再開日程も資金繰りも見通しが難しい状況だが、チェルシーはどこよりも早く来季に向けた準備をし始めた様子。今後への不安で二の足を踏む他クラブをよそに、来季の補強で抜きん出そうな勢いを感じる。(Football ZONE web編集部)

去就が注目されるバイエルン・ミュンヘンMFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)