(出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)



スペイン代表MFグティ、レアル時代に見せた“魅力凝縮”のプレーを英メディア絶賛

 サッカー史において「天才」と称された選手は数多い。その中の1人が、かつてスペインの名門レアル・マドリードで活躍した元スペイン代表MFグティ氏だ。英メディアは「史上最高のアシスト」と名高い“神パス”を改めて取り上げ、動画とともに「GKと観客全員を騙した」と絶賛している。

 グティ氏は、レアル下部組織出身で、95年にデビューしてから15シーズンに渡ってプレー。卓越した技術と創造性あふれるプレーファンを魅了し続けた。そんなレフティーの魅力が凝縮されたプレーがある。

 2010年1月30日リーグ第20節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦。1-0とレアルリードして迎えた前半40分、元ブラジル代表MFカカからパスを受けたグティは相手エリア内でボールを受けると、相手GKと1対1の場面を迎えた。

 そのまま左足シュートを放つかと思われた次の瞬間、ゴール方向を見たままヒールパス。このフェイントにGKやDFが手玉に取られ、後方から走り込んだ元フランス代表FWカリム・ベンゼマポッカリと空いたゴールボールを流し込んだ。

 英メディアスポーツバイブル」は「GKダニエルアランスビアが衝撃を受けた瞬間だった」と紹介。「デポルティーボGKは、自分のラインから飛び出し、可能な限り自分の体を広げた。レアルの危険なカウンター攻撃を止めようと正しいことをした。しかし短気な天才であるグティが、ただただ凄かった」と賛辞を贈る。

レアル公式戦427試合59ゴールも「過小評価されていたMF」 現在は指揮官として奮闘

 グティはレアルで公式戦427試合59ゴールの結果を残しており、記事では「グティは絹のように滑らかなアシストを数多く記録している。そして2010年1月30日、史上最高のアシストが生まれた。このアシストは、後に“神ヒール”と呼ばれるようなった」と記している。

「世界中人たちが、彼がシュートを打つことを期待していたが、グティはGKとホームで見ていた観客全員を騙して、左足でノールックのバックヒールを披露したのだ」

 グティは引退後、レアル下部組織の監督やベジクタシュのアシスタントコーチを経て、19年11月スペイン2部アルメリア指揮官に就任した。「銀河系ビッグネームと巨額の移籍で溢れている世界では、この過小評価されていたMFはしばしば陰に隠れていた」と評されたグティ氏だが、現役時代から一転、今度は指揮官としてファンを魅了する采配に期待が懸かる。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードでいくつもの創造性あるプレーをしてきたMFグティ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)