no title


キャプテンを槍玉にあげて、チームを引き締めていたモウリーニョ監督

 チェルシーレジェンドである元イングランド代表DFジョン・テリー氏は、長らくクラブの主将として活躍をしてきた。クラブの伝説的なキャプテンは現役時代のある練習後に、ジョゼ・モウリーニョ監督から元イングランド代表DFギャリー・ケーヒルとともに放出されかけたという。英紙「メトロ」が報じている。

 モウリーニョ監督は、レアル・マドリードの監督を務めた後の2013年チェルシーの監督に復帰した。翌14-15シーズン開幕前の夏にスペイン代表FWジエゴ・コスタ、元スペイン代表MFセスク・ファブレガスブラジル代表DFフィリペ・ルイスらを獲得したチェルシーは、プレミアリーグを制覇している。成功の裏側でモウリーニョ監督は、キャプテンを槍玉にあげて、チームを引き締めていたとテリーは明かしている。

 モウリーニョ監督について、肩を抱きしめてくるタイプか、それとも怒鳴りつけてくるタイプか、と問われたテリー氏は、「両方の側面があった」とインスタグラムライブ配信で説明した。

「彼はボタンを押すべきタイミングと、そうではない時を心得ていた。些細なことにも気づくんだ。帰宅して休んでいると『今日のトレーニングでは主役だった。キャプテン、愛しているよ』とメッセージが届き、『本当かよ』と驚かされるんだ。だから、本当に良い関係を築けていたと思う。その一方で、呆然とさせられる時もあった。次の日に行くと、完全に無視されたこともあったからね」

 テリー氏によると、褒められた翌日でもモウリーニョ監督は、横を通る際に無視をするように何も言わずに通り過ぎたという。そんな時は、怒らせるような返信をしてしまったのではないかとメッセージを確認して、「いや、大丈夫だ」と自分に言い聞かせていたそうだ。

 テリーは続けて、「また練習が終わると、『それでこそ、ウチのキャプテンだ。そのもう一押しが大事なんだ』と伝えてきたよ」と、当時を振り返った。

意識変化のポイントとなったテリー&ケーヒルへの激怒事件

 アメとムチを使い分けるモウリーニョ監督は、チェルシーリーグ優勝した2013-14シーズンの最初の練習で、テリーとケーヒルに激怒していたという。

「僕とケーヒルは、ボールを失い過ぎていた。すると、彼は練習を止めたんだ。そこには契約したばかりのセスク・ファブレガスジエゴ・コスタら数名の選手がいた。彼は『そこの2人、そんなにボールを失い続けるなら、1億ポンド(約135億円)を使って新しいセンターバックを補強するぞ』と言ってきたんだ。僕たちは顔を見合わせて『やばい』と思ったよね」

 叱咤を受けたことで、2人の意識は変わったという。「そこから僕とガズ(ケーヒル)は、練習からみんなを潰していった。スピードは上がったし、誰もが互いに強くいっていたんだ。練習後、彼は僕たちの肩に腕を回して『だからこそ、君たちが開幕戦のスタメンなんだ』と言ってきた。彼は自分が何をしているか分かっていたし、僕たち全員の4歩先を行っていたよ」と、当時のエピソードを明かした。(Football ZONE web編集部)

チェルシーで共闘したジョン・テリーが当時のモウリーニョ監督を回想【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)