(出典 portal.st-img.jp)



平均2ゴールに満たない得点力不足を解消すべくストライカー獲得が急務

 新型コロナウイルスの影響により、サッカー界では世界的に活動が停止してしまっている。スペインでもリーガ・エスパニョーラは中断を余儀なくされており、2019-20シーズンを無事に終えられるかは不透明な状況だ。そんななかで、スペイン紙「AS」はレアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督が、来季に向けて決断をしなければいけない事柄をピックアップした。

 今季のレアルは、サウジアラビアで行われたスペインスーパーカップを制したものの、国王杯(コパ・デル・レイ)ではレアルソシエダに敗れ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもラウンド16第1戦ではマンチェスター・シティに敗れ、敗退の危機に瀕していた。中断していたリーガではバルセロナを勝ち点2差で追う2位につけている。

 最初に指摘されたのが、得点力不足に対する取り組みだ。2冠を達成した歴史的なシーズンレアルは1試合平均ほぼ3得点を記録した。しかし、今季の彼らは平均2得点にも届いていない(1.81点)。その決定力不足を解消するために、話題となっているのが、ドルトムントノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドの獲得だ。ジダン監督は19歳のストライカーの獲得に本腰を入れるのか、それともセルビア代表FWルカ・ヨビッチドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスら、すでに所属しているストライカーで乗り切るのかを判断しなければならない。

 ハーランドは2020-21シーズンの冬の移籍市場から、7500ユーロ(約88億円)の移籍金が設定される。そのため、ドルトムントは今夏の移籍市場でこれ以上のオファーが届けば移籍に応じる可能性があり、ハーランドの年齢を考えれば、その金額は安くなるかもしれない。

 続いて取り上げられたのが、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスという戦力外扱いになっている2人のスタープレーヤーについてだ。昨夏、ジダン監督は両者の放出を決めていたが、選手たちが拒否したことで不可能となった。問題になっているのが金額面。ベイルスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと並び、チームトップの年間1400万ユーロ(約16億円)を得ている。また、ハメスも1000ユーロ(約11億円)近くを稼いでいる。この金額を彼らに払う意思のあるクラブは皆無だ。2人の放出は経済的な打撃になる可能性もあるが、ジダン監督は、自身が起用する考えのある選手だけでスカッドを固められるかは、ポイントとなる。

最終ラインでは人員整理と人員補充が課題に

 デンマーク代表MFマルティン・ウーデゴールスペイン代表MFダニ・セバージョスのように、クラブに復帰して力になることが期待されている選手もいる。だが、ジダン監督は中盤の中核となれる選手を求めており、その要求に見合うのは一人しかいないと言われている。それがマンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバだ。

 ポグバとユナイテッドの契約は2021年6月までとなっている。マンUポグバとの契約延長を希望しているが、ポグバレアルへの加入という夢は消えていない。経済危機に加え、今季彼が8試合しかプレーしていないことから、彼の移籍金は1億ユーロ(約118億円)から下落している。唯一の問題は、フランス代表FWキリアンムバッペの獲得も目指しているとされるクラブが、2人の移籍金を捻出できるかだろう。

 続いて取り上げられたのが、最終ラインの人員整理だ。左サイドバックには、ブラジル代表DFマルセロとフランス代表DFフェルランド・メンディ、右にはスペイン代表DFダニエル・カルバハルに加え、スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ、ドルトムントに期限付き移籍しているモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、さらにセビージャに期限付き移籍しているスペイン人DFセルヒオ・レギロンもいる。誰を残し、誰を放出するか、ギャンブルに出ないといけない。

 最終ラインの両サイドの充実ぶりに対し、中央は人員不足に陥るかもしれない。スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスが、より多くの出場時間を求め、ブラジル代表DFエデル・ミリトンには多くのクラブから関心が寄せられている。下部組織には彼らの穴を埋められる選手は見当たらない。そのため、ラモスフランス代表DFラファエル・ヴァランのバックアップとなる選手を探すことになる可能性がある。

 そして最後の問題が、2年前に1100万ユーロ(約13億円)で獲得した21歳のウクライナGKアンドリー・ルニンとパリ・サンジェルマンで先発の座をつかんだ27歳のフランス人GKアルフォンソ・アレオラのどちらを呼び戻すかだ。

 シーズンが通常通りに行われていれば、いくつかの問題は解決しやすかったかもしれない。ジダン監督がこのような悩みを抱えるように、シーズンオフには世界中の監督も大なり小なり、悩みを抱えることとなりそうだ。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードの今後の補強に注目【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)