(出典 the-ans.info)



 ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが古巣レアル・マドリードに復帰する可能性が浮上している。8日にイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

 C・ロナウド2018年7月にレアル・マドリードからユヴェントスへと加入。キャリア初のイタリアでも公式戦通算75試合に出場し53ゴール14アシストを記録するなど、驚異的な数値を出し続けている。

 しかし、同紙によるとユヴェントスは今夏の移籍市場でC・ロナウドの売却を図るという。同クラブ新型コロナウィルスの影響で財政危機に陥る恐れがあり、同選手の巨額な年俸を支払うことが困難となるようだ。

 ユヴェントスC・ロナウドに対して5000万ポンド(約67億円)を要求しており、レアル・マドリードはその金額を支払い、同選手の復帰を画策しているという。果たしてC・ロナウドは古巣復帰を決意するのであろうか。

C・ロナウドはレアル・マドリードに復帰する可能性があるようだ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)