(出典 www.cnn.co.jp)



ブラジル代表FWロナウジーニョ氏の釈放からおよそ半日、まだまだこの男の話題は尽きない。

偽造パスポート使用が判明し、3月にパラグアイに滞在していたところを兄のロベルト・アシス氏とともに逮捕されたロナウジーニョ氏。その2日後に同国の刑務所に収監されたが、所内でフットサルやフットバレーBBQを楽しむ姿が連日のように報じられていた。

収監から32日後の今月7日、ロナウジーニョ氏とロベルト・アシス氏は約1憶7000万円の保釈金を支払い釈放に。事件の処分が決定するまでの間、アスンシオンホテルに滞在することになった。

だが、釈放直後から報道陣をはじめ多くの野次馬が殺到。何とか車に乗り込んで刑務所のあるアスンシオンホテルに向かったが、すでに多くのカメラマンが詰めかけていた。

その所為でロナウジーニョ氏の宿泊先が割れてしまい、ホテルには予約を求める電話が鳴りやまなかったという。だがスペイン『ムンド・デポルティボ』によると、現在ホテルはプライバシー保護のため部屋全体が貸し切られているようだ。

どこまでも世間をにぎわせるロナウジーニョ氏。世界的スーパースターは今後もサッカーファンを楽しませてくれそうだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)