(出典 sport-japanese.com)



アトレティコの地力の高さを評価 チームをけん引するエースにはモラタを指名

 Jリーグセレッソ大阪でもプレーし、現在はCAペニャロールの監督を務めている元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、スペイン紙「マルカ」のインタビューに応じた。そのなかで、古巣であるアトレティコ・マドリードUEFAチャンピオンズリーグ(CL)での挑戦についてコメントしている。

 現在、新型コロナウイルスの影響で、世界的にサッカーの公式戦は開催されていない。しかし、シーズンが再開した時、フォルランは古巣であるアトレティコがCLで優勝する可能性があると考えているようだ。

 アトレティコはCLラウンド16でリバプールを2試合合計3-2で破り、準々決勝進出を決めた。フォルランは「彼らがリバプールを破ったからというわけではないが、シーズンが再開すれば、彼らはCLのトロフィーを掲げる可能性は十分ある」と語っている。

「彼らは優勝に近いところにあるだろう。なぜならベスト16を突破し、しかも大会で有力なチームをすでに敗退に追い込んでいるからだ。だが、彼らは以前から、力を出し切れれば優勝できる力があったと思っているよ」

 かつてアトレティコエースとして活躍したフォルランは、現在9番を背負うスペイン代表FWアルバロ・モラタこそ、CL優勝を目指すチームをけん引する存在だと信じているという。

「彼はこれまでに所属したすべてのクラブで、その力を証明してきた。アンフィールドゴールを決めたように、重要な試合でゴールを決めているからね」

 2013-14シーズン以降、2度CL決勝まで勝ち上がった実績のあるアトレティコフォルランの言葉を現実にすることはできるだろうか。(Football ZONE web編集部)

元ウルグアイ代表ディエゴ・フォルラン氏が古巣アトレティコのCL制覇を期待【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)