(出典 www.football-zone.net)



バイエルンは7日、ドイツ代表FWトーマス・ミュラー(30)との契約を2023年まで延長したことを発表した。これまでの契約から2年延長した格好となる。

ミュラーバイエルンの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「双方にとって最も有益なサインとなった。ボールが転がり続ければ、僕たちは更なる成功を収めることが出来ると確信している。刺激的なことだよ。僕の最優先はバイエルンと契約延長することだった。そしてクラブも同じ道を見ていた」

「すでに人生の3分の2をバイエルンに捧げているけど、僕がクラブに寄り添ったり、クラブが僕に寄り添ったりしているわけではない。僕たちはお互いのために戦ってるんだ」

「僕にとってこの組織は単なる雇用主という関係ではない。情熱そのものなんだ」

「契約延長出来て本当に嬉しいよ。ピッチ上では全力を出し尽くすことを約束する」

ミュラーは10歳の時にバイエルンに入団し、2009年トップチームデビューを果たした。これまでバイエルン一筋を貫き積み上げた公式戦521試合の出場数はクラブ歴代7位の数字。195ゴール186アシストの成績も偉大だ。

その間、8度のリーグ優勝と5回のDFBカップ優勝、そして2013年にはチャンピオンズリーグ制覇も果たしており、誰もが認めるバイエルンレジェンドとして活躍を続けている。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)