(出典 sportiva.shueisha.co.jp)



 アトレティコ・マドリードバルセロナチェルシーの間で、GKの“玉突き移籍”が発生する可能性があるという。スペインメディア『El Gol Digital』が伝えている。

 同メディアによると、カギを握るのはバルセロナのGKマルクアンドレ・テア・シュテーゲンだという。テア・シュテーゲンはバルセロナとの契約延長交渉が難航しており、またリオネル・メッシトレーニング中に口論になって関係が悪化したとの報道もあって、去就が不透明になっている。

 そんなテア・シュテーゲンにはバイエルンへの移籍の噂も浮上しているが、一方でチェルシーフランク・ランパード監督も強い関心を示している。チェルシーはケパ・アリサバラガが守護神を務めていたが、今シーズンは失点の多さからランパード監督の信頼を失いつつあり、中断前はウィリー・カバジェロゴールマウスを守る試合が増えていた。ランパード監督は来シーズンに向けてGKの補強をリクエストしているようで、テア・シュテーゲンに白羽の矢を立てているという。

 仮にテア・シュテーゲンが移籍することになった場合、バルセロナアトレティコのヤン・オブラクの獲得に動くという。オブラクは過去にビッグクラブからのオファーを受けながらも拒否してきた経緯があり、昨夏にはチェルシーからのオファーにも断りを入れている。なお、オブラクとアトレティコとの契約期間は2023年6月までで、契約解除金は1億2000ユーロ(約142億円)に設定されている。

バルセロナのGKテア・シュテーゲン [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)