(出典 afpbb.ismcdn.jp)



ユベントスアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのガールフレンドオリアナ・サバティーニさんが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染とその後の経過を話した。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

サバティーニさんは、ディバラがコロナ陽性を発表した先月21日に自身も感染が確認された。彼女の話によると31日の再検査では陰性を示したものの、2日にもう一度行った検査では陽性だったという。

サバティーニさんのように、一度陰性だったとしても再び陽性反応が出ることは珍しくないようで、検査結果について理由は「わからない」としながらも、この経験をもとにインスタグラムを利用してコロナウイルスに対する更なる注意を促した。

「これが私たちがこのウイルスに関してほとんど何も知らないことの証明になった。ボーイフレンドや彼のチームメイトとの接触による感染だと思っていたけど、それから15日経過してもこの通り。ウイルスが消滅するのに15日では不十分ということね」

また、サバティーニさんは未だに完治の報告の無いディバラと共に元気な状態であることを明かしている。そして再び「ウイルスが消えるには15日では足りないかもしれないことを肝に銘じておいて。お大事に」と付け加えた。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)