no title


 マンチェスター・Cに所属するドイツ代表MFレロイ・サネが、実戦復帰を果たした。28日付けでイギリスメディアスカイスポーツ』が報じている。

 サネは昨年の8月上旬に行われたリヴァプールとのコミュニティシールドに先発出場したが、同試合で右膝の前十字じん帯を損傷。これまで長期離脱を余儀なくされていた。

 しかし同選手は順調な回復を見せ、29日にU-23マンチェスター・Cの選手としてU-23アーセナル 戦に先発出場。得意の左サイドで57分間プレーし、チームの4-2の勝利に貢献した。

 マンチェスター・Cの3月は、1日にアストン・ヴィラとのカラバオ・カップ決勝戦を控えており、他にもチェルシーマンチェスター・Uとのリーグ戦、そしてレアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ第2戦など、公式戦6試合が予定されている。そういった状況だけに、サネの今後の活躍が期待されているようだ。

マンチェスター・Cに所属するサネ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)