no title

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが25日に行われ、チェルシーイングランド)とバイエルンドイツ)が対戦した。

 前半はアウェイバイエルンに決定機が多く到来する。11分、キングスレイ・コマンがトーマス・ミュラーとのパス交換でDFラインを突破してフィニッシュまで持ち込んだが、シュートは惜しくもゴールの右横に外れた。28分にはミュラースルーパスからロベルト・レヴァンドフスキがGKとの1対1を迎えたが、フィニッシュは飛び出してきた相手GKのウィリー・カバジェロに阻まれた。

 29分、ミュラーカットインからゴール右隅を狙った強烈なシュートを放ったが、ポストのわずかに右横へ外れる。さらに35分、セルジュ・ニャブリが左サイドからインスイングのクロスを送ると、中央のミュラーバックヘッドで合わせる。しかし、ボールクロスバーに阻まれゴールとはならなかった。

 対するチェルシーは左サイドを中心にバイエルンゴールに迫る。43分には、マテオ・コヴァチッチスルーパスを受けたマルコス・アロンソが、相手DFをキックモーションで剥がしてフィニッシュまで持ち込んだが、相手GKマヌエル・ノイアーに正面で防がれた。

 スコアレスで後半に突入すると、51分に試合の均衡が破れた。中央にカットインしたニャブリが左に流れたレヴァンドフスキへパスを流すと、レヴァンドフスキシュートではなく折り返しを選択。このボールをニャブリが押し込み、アウェイバイエルンが先制に成功した。

 すると54分、バイエルンリードを広げる。レヴァンドフスキセンターハーフ付近での空中戦に競り勝つと、こぼれ球をニャブリが回収。ニャブリは少し運んで左に流れたレヴァンドフスキに渡すと、ゴール前でリターンを受け取り、最後は冷静にゴール右下隅に流し込んだ。

 76分、バイエルンがさらにアウェイゴールを獲得する。左サイドを突破したアルフォンソ・デイヴィスがグラウンダーで折り返し、最後はレヴァンドフスキが詰めてネットを揺らした。同選手は今季のCLで11得点目となり、ドルトムントアーリング・ハーランドを抜いて、再び得点ランキング首位に躍り出た。

 83分、チェルシーは退場者を出してさらに追い込まれる。M・アロンソレヴァンドフスキの走るコースを妨害しようと腕を振ると、これがレヴァンドフスキの顔に当たる。M・アロンソにはイエローカードが提示されたが、VARの介入によってカードの色は赤に変わった。

 試合はこのまま終了。バイエルンホームで行われるセカンドレグは、日本時間3月18日29時(19日5時)にキックオフを迎える。

スコア
チェルシー 0-3 バイエルン

【得点者】
0-1 51分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン
0-2 54分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン
0-3 76分 ロベルト・レヴァンドフスキバイエルン

スターティングメンバー
チェルシー(3-4-2-1)
カバジェロ;アスピリクエタ(73分 ペドロ)、クリステンセン、リュディガー;R・ジェームス、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、M・アロンソ;バークリー(61分 ウィリアン)、マウント;ジルー(61分 アブラハム

バイエルン(4-2-3-1)
ノイアー;パヴァール、J・ボアテング、アラバ、A・デイヴィス;キミッヒ、チアゴ(90分 ゴレツカ);コマン(66分 コウチーニョ)、T・ミュラー、ニャブリ(85分 トリッソ);レヴァンドフスキ

バイエルンは敵地で3つのアウェイゴールを獲得 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)