(出典 my-ynwa.red)



過去にレアルへ移籍した自身の同僚を例に挙げてG・ネビルが指摘

 元イングランド代表DFギャリー・ネビルは、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが「リバプール踏み台に」して、近いうちにスペインレアル・マドリードか、バルセロナへ移籍すると考えているようだ。英メディア「エキスプレス」が報じている。

 2017年リバプールに加入してから、最も多くのゴールを挙げてきたサラーは、2019年UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも大きく貢献した。だが、ネビル氏はサラーがレアルプレーすることを希望していると信じており、元イングランド代表MFデビッド・ベッカム、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと同じ道に進もうとしているサラーを責められないと考えている。

「彼のような選手の穴を埋めるのは、簡単なことではない。18カ月前、私はサラーがリバプールを去ると思っていた。リバプールファンが、サラーに対する愛情を示さないのは単純な理由かもしれない。それは親和性と忠誠心の理由からだ。彼には『いつかレアルプレーしたい』『バルセロナへ行こう』と、そういう大型移籍をしようとする考えがあると思う」

「これはサラーに対する批判ではない。私はデビッド・ベッカムプレーをしたし、ルート・ファン・ニステルローイクリスティアーノ・ロナウドともプレーをした。彼らはバロンドールを勝ち取りたかった。彼らはレアル・マドリードに行きたかった。より光を浴びる場所へ行き、世界で最大のクラブプレーをすることを希望したんだ」

 いつかリバプールを離れることを念頭に置いているからこそ、サラーはリバプールファンから最大のバックアップを受けられていないと指摘するネビル氏は、「彼はリバプールを彼のキャリアの踏み台にしていると思う。彼には野心がある。正直になろう。多くの選手にとって、レアル・マドリードバルセロナは頂点なんだ」と、見解を述べている。

 リバプールに加入し、世界のトップ選手へと飛躍したサラーは、ネビル氏の予想通り、スペインの2大クラブへ移籍することになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

スペイン2強へ移籍の可能性を指摘されたサラー【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)