(出典 img.footballchannel.jp)



ユベントスサポーター 写真提供: Gettyimages

2018/2019セリエAシーズン後半。すでに7回連続のスクデット(セリエA優勝)を手に入れていたユベントスイタリアサポーターからは、このような声が何度も上がっていた。

セリエA優勝はもう飽きた、国内戦を犠牲にしてもチャンピオンズリーグ(CL)優勝を目指さなければ!」

「進化に時間がかかろうと、マッシミリアーノ・アッレグリ監督を変えてゼロから再スタートするべきだ」

ユーベが国内サッカーを支配することは当たり前なこととなり、サポーターはもっと上の段階での刺激的な空気を吸いたがっていた。リスクを負ってもいい、時間がかかってもいい、国際的にももっと強くなるようにレベルアップが必要と主張していた。

マウリツィオ・サッリ 写真提供: Gettyimages

サッリ就任時から始まったサポーターの「サッリアウト」

そんなサポーターの主張は現実となり、2018/2019シーズンも8連続目となるスクデットを果たすと、ユーベは新しい監督を探し始めた。シモーネ・インザーギ、マウリシオ・ポチェッティーノ、ジョゼップ・グアルディオラの名前が上がっていたが、最終的にはマウリツィオ・サッリがビアンコネーリ(ユベントス)の監督となった。

すると、進化を求めていたはずのサポーターは、その瞬間からクレームや悩みなどでSNSを染め始めたのだ。サッリ就任から1日後、SNS上ではハッシュタグ「#SarriOut」(サッリ出て行け)が世界人気トピックの1つとして広まった。

なぜそこまでサッリが嫌だったのか?理由は複数あると思われる。サッリがユーベの最大の敵であったナポリの監督だったこともそうだが、その見た目、ケアされてない髭、スーツよりジャージを好むことなど、とにかくビアンコネーリらしさが全くないことが災いした。

そんな訳で、今シーズン開始時も平和ではなかった。サッリが肺炎となり練習にも試合にも参加できない時期を過ごし、守備の要であるジョルジョ・キエッリーニも怪我をした。チームは精神的に良いスタートを切ったとは言えない。

クリスティアーノ・ロナウド 写真提供:Gettyimages

サポーターの「進化願望」が「恐怖」へ

かくして、ユーベに進化を求めていた多くのサポーターはその考えを失った。その代わりに囚われているのは、何のタイトルも手に入れることができない恐怖だ。今シーズンリーグ9連勝が危ないと実感すると、アッレグリ監督を手放したことを後悔している人や、すでに次の監督の名前を挙げている人も現れている。そして、現状の責任は数ヶ月前(2019年6月16日)に就任したサッリのみにあると決めつけている。

時間をかけてもゼロから再スタートするべきと発言したサポーターはどうなった?そして現状の何が不満なのか?ユーベは未だにセリエAランキング1位であり、CLでは決勝トーナメントにまで勝ち進んだ。さらには、コッパ・イタリアの準決勝まで進み、優勝に向かっているというのに。

正直に言って、現時点でサッリにこれ以上のことを求めるのは難しい。もしサッリがナポリで見せたサッカーをすぐに見たいのであれば、すでにそれを理解している2017/2018シーズンナポリの選手全員をユーベに呼ぶしかないだろう。彼にはまだ時間が必要であり、選手がそのサッカースタイルに慣れさえすれば、ユーベは着実に強くなる。

ジョゼップ・グアルディオラ 写真提供:Getty Images

もしアッレグリの代わりにグアルディオラが選ばれていたら…

最近疑問に思うことがある。もしアッレグリ監督の代わりに、サッリではなくグアルディオラが選ばれていたら現状はどうなっていただろうか?元バルセロナの監督グアルディオラも同じように責められていただろうか?

答えはノーだと考える。恐らくサポーターグアルディオラを庇い、フロントに不満をぶつけることとなっただろう。サポーターにとって問題は現状ではない、サッリが監督として選ばれたこと自体なのだ。

サッリが素晴らしい指導者であることを認めようではないか。選手としてのプロ経験もない銀行員だった彼は、サッカーに全てを捧げるために退職し、アマチュアの指導者というポジションからヨーロッパトップまで駆け上ったのだ。もっと尊敬されるべき存在である。時間さえあれば、この天才監督はビアンコネーリに栄光を与えることになるはずだ。



(出典 news.nicovideo.jp)