(出典 www.football-zone.net)



セルタ戦、相手DFエイドゥのタックルを食らって交錯 倒れる際にスパイクが直撃

 首位レアル・マドリードは16日の第24節セルタで2-2と引き分けに終わったなか、ジネディーヌ・ジダン監督が相手選手から強烈タックルを受け、続けざまに「顔面キック」を食らった決定的瞬間が反響を呼んでいる。

 この日、負傷で長期離脱していたベルギー代表MFエデン・アザールがスタメン出場したレアルだが、前半7分に被弾。0-1と劣勢のなかで迎えた後半7分にドイツ代表MFトニ・クロースが同点ゴールを決めると、同20分にはPKでスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが逆転ゴールを沈めた。しかし、終了間際の同40分に同点ゴールを献上し、2-2のまま試合を終えた。

 その結果とともに注目を集めているのが、ジダン監督のハプニングだ。

 後半16分にセルタのガーナ代表DFジョセフ・エイドゥが猛スピードボールを追いかけ、勢い余ってライン際で見守っていたジダン監督と衝突。図らずも敵将の足元に強烈タックルを食らわせる形となり、倒れこむジダン監督の顔面にエイドゥの足が直撃し、そのまま2人はピッチに倒れこんだ。

 ジダン監督に怪我はなかったものの、この“顔面キック”の決定的瞬間が話題となり、各国メディアに取り上げられている。スペインテレビ番組「エル。チリンギート」の公式ツイッターは交錯ショットを添えて「画像は残酷だ」と驚きを露わにしている。

 また、チリのサッカー専門サイトRedGol」は「痛い! ジダンがセルタとの対戦で顔に強烈キックを食らう」と報道。メキシコ紙「Milenio」が「セルタのプレイヤーが誤ってジネディーヌ・ジダンを蹴る」「レッドカード?」と伝えれば、同国メディア「mediotiempo」公式ツイッターも「セルタ選手がジダンに顔面キック」とインパクトのある写真を投稿している。

 下位相手に痛恨のドローとなり、2位バルセロナとの勝ち点差が「1」に縮まったレアルジダン監督もハプニングに見舞われるなど、踏んだり蹴ったりの一戦となった。(Football ZONE web編集部)

アクシデントに見舞われたレアルのジダン監督【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)