no title



欧州大会への2年間の出場禁止処分を受けるも、チーム象徴する2人は残留の見通しか

 マンチェスター・シティUEFA欧州サッカー連盟)から2年間の欧州大会出場禁止処分を受けて、主力選手の流出が懸念されているが、ペップことジョゼップ・グアルディオラ監督とイングランド代表FWラヒーム・スターリングは処分が確定してもチームに残留する意向だという。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じた。

 シティはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)で重大な違反が発覚し、UEFAから今後2年間の主催大会出場禁止と罰金処分を受けた。クラブスポーツ仲裁裁判所に異議申し立てを行う意向だが、今後さらにプレミアリーグから勝ち点剥奪の処分を受ける可能性も浮上している。

 処分が確定した場合として、主力選手の大量流出やグアルディオラ監督の退任も噂されている。しかし、「スカイスポーツ」によれば、グアルディオラ監督とスターリングの2人は来季もクラブに残留する見通しだという。

 記事によれば、「彼(グアルディオラ)はクラブにコミットし、去るつもりがないことを選手たちに伝えた」という。指揮官の契約は2020-21シーズン終了時まで残っており、少なくともその契約期間は全うする構えのようだ。

 そして同様にスターリングシーズン終了後に移籍を要求することはなく、チームにコミットし続けていくという。激震のシティだが、現チームを象徴する2人は来季もチームにとどまることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

シティ残留の意向を示しているペップ監督(左)とスターリング【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)