(出典 www.football-zone.net)



ユルゲン・クロップ 写真提供: Gettyimages

 リバプールユルゲン・クロップ監督は今シーズンチャンピオンズリーグ(CL)優勝候補にユベントスを挙げたようだ。17日、英メディアスポーツレビュー』が伝えている。

 リバプールは今シーズンプレミアリーグ26試合で76ポイント、2位マンチェスター・シティに20ポイント差以上をつけ独走している。そんな好調のリバプールは18日にCLベスト16のファーストレグ、アトレティコ・マドリードとの一戦を敵地で迎える。クロップ監督はCLのノックアウトステージ開幕前に展望について語っている。

ユルゲン・クロップ

シーズンが始まるまではユベントスが優勝候補だと思ってたんだ。けどセリエAはあまり見ていないんだ。なんでユベントスが10ポイント差をつけて独走してないかもわからないしね。

 ユベントスは今まで見た中で最大のスクワッドだね。プレーヤークオリティーもクレイジーだよ。

 バイエルンも強力だ。PSGも全員が揃えば信じられないレベルだよ。バルセロナを過小評価できないし、シティも忘れることはできない。

 私たちはどこまでいけるかわからないけれど、それを考える必要もないね。まずは火曜日アトレティコに集中しないとね」




(出典 news.nicovideo.jp)