no title



プレミアリーグ2連覇中だったマンチェスター・シティ。このほど、FFP違反によってUEFAからチャンピオンズリーグの出場禁止と36億円の罰金を科された。

シティはCASに上訴する意向だが、2013-14シーズンプレミアリーグ優勝も消滅する可能性があるようだ。『Daily Mail』が伝えている。

今後プレミアリーグは遡及的にシティの勝点を剥奪する可能性があり、UEFAがシティのスポンサー収入水増しを指摘した2012~2016年の期間もそれに該当する。

2013-14シーズンは2位リヴァプールに勝点差2をつけて優勝したシティ。今も語り継がれるスティーヴン・ジェラードスリップ事件があった年だ。そのシーンがこれ。

何度見ても痛恨…。

もし、シティの勝点が3ポイント以上減らされた場合にはリヴァプールの繰り上げ優勝となるのだろうか。

また、CASがUEFAの処分を支持した場合、シティは財政を再構築する必要があり、スターリングやデ・ブライネ、ラポルトらを売却する可能性があるとも伝えられている。

処分のシティ、2014年プレミア優勝も消滅か…主力3選手売却も?


(出典 news.nicovideo.jp)