(出典 portal.st-img.jp)



現行契約は2022年まで…獲得に動くレアルを牽制

 パリ・サンジェルマンPSG)がフランス代表FWキリアンムバッペの慰留に、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに匹敵する巨額サラリーのオファーを計画しているという。スペイン紙「AS」は「PSGの最重要プランムバッペレアル・マドリード移籍を思いとどまらせること」との見出しで報じた。

 PSG、そしてフランス代表でも中心選手に君臨するムバッペジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリードトップターゲットに定めていると伝えられている。

 一方、チームエースをそう簡単に手放すまいと、PSGも必死の引き留め策を練っているようだ。2022年までとなっている契約延長は現在までに合意に至っていないが、クラブは今夏にもムバッペに税引き後年俸5000万ユーロ(約60億円)という超高待遇の条件をオファーする用意があるという。

 これはユベントスロナウドバルセロナメッシに匹敵するサラリーとなる。クラブに近い情報筋によれば、PSGカタールワールドカップが開催される2022年を前にムバッペを放出したくないと考えているという。

 レアルチェルシーからベルギー代表FWエデン・アザールを獲得した時と同様の手法で、契約が残り1年を切り、移籍金が抑えられる2021年夏のタイミングでのムバッペ獲得を画策している。ムバッペの去就問題は、今夏のPSGとの交渉が大きなターニングポイントになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

PSGはキリアン・ムバッペをチームに残したいようだ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)