(出典 www.soccer-king.jp)



 マンチェスター・Cジョゼップ・グアルディオラ監督が負傷により戦列を離脱しているドイツ代表FWレロイ・サネの状態についてコメントしている。7日、『bein Sports』が伝えている。

 サネは8月4日に行われたコミュニティシールドリヴァプール戦で右ヒザを負傷。じん帯を損傷していたため現在は戦列を離脱しているが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントの登録メンバーにも入っており、復帰が近づいている。

 今回同選手の状況に関しグアルディオラ監督は次のようにコメント。「彼は私たちと一緒にトレーニングを始めた」と復帰が近づいていることを明かしながら急がせない方針を明らかにした。

「ケガをしたとき、特に6カ月間も離脱するような大ケガの時にはテンポや、リズム、体に関する不安を回復する必要がある。負傷について考えがよぎらないようにね。それには時間が必要だ。これは足首や筋肉のケガとは違う。ヒザの負傷には常に時間が必要なんだ」

「彼は数週間を必要としている。そして重要なのは手術が完璧で、信じられないほど順調に回復していることだ。うまくいけば以前よりも強くなって戻ってくるだろうけど、今はもう少し時間が必要だ」

復帰が近づくサネ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)