no title


レバンテ戦でリーガ史上最年少2ゴールのファティ 1点目を導いたメッシアシストが話題

 バルセロナは現地時間2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節レバンテ戦に2-1で勝利し、首位レアル・マドリードとの勝ち点差「3」をキープした。本拠地カンプ・ノウでの一戦で、17歳の新星FWアンス・ファティがリーガ史上最年少で1試合複数ゴールを記録したことが話題になっているが、その1点目を演出したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの“30m超スルーパス”にも、海外メディアから多くの称賛の声が上がっている。

 試合は序盤からバルサペースで進むなか、メッシの見事なお膳立てからファティが前半30分、31分と連続2ゴールスペイン紙「マルカ」によれば、17歳94日での1試合2得点は、FWフアンミ(現ベティス)がマラガ所属時の2010-11シーズン17歳115日で2ゴールを奪った記録を塗り替え、「史上最年少マルチゴール」になったという。

 そんな歴史的な瞬間が生まれたなか、海外メディアが特に注目しているのが1点目のシーンだ。自陣中央をドリブルで持ち上がったクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、センターサークル内のメッシにパス。メッシは斜め後方に下がりながらボールを受けると、逆サイド裏のスペースを狙うファティの動きを見逃さず、左足を鋭く振り抜く。相手選手間のわずかなスペースを切り裂いた30メートル超のスルーパスがファティの足もとにピタリと届くと、17歳の新星は2タッチ目で冷静にシュートを流し込んだ。

 この美しい得点シーンを受けて、米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターが「メッシアシスト! なんてクレイジーだ!」とつぶやけば、バルセロナ専門メディアFCBN」は「アンス・ファティへの魔法のアシスト」と称賛。またスペイン紙「スポルト」は、「アルゼンチン人はミリ単位のパスで2ラインを破り、ゴールキーパーの前でアンス・ファティを1人にした」とメッシの高精度パスを称え、英メディアスポーツバイブル」は「リオネル・メッシシーズン最優秀アシストでアンス・ファティにお膳立て」と見出しを打って伝えた。

 新時代の到来を予感させる、絶対的エースから17歳新星への超絶スルーパス。年明けから監督交代、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの負傷離脱、前節バレンシア戦に0-2で敗れての首位陥落とネガティブニュースが続いたバルセロナだが、メッシとファティの“新ホットライン”がチームに新たな風を起こすかもしれない。(Football ZONE web編集部)

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)