no title


モンペリエ戦でファウルをしてきた相手に“報復”のドリブルをお見舞い

 パリ・サンジェルマンPSG)のブラジル代表FWネイマールは、現地時間1日のリーグ・アン第22節モンペリエ戦で1アシストマークするなど5-0の勝利に貢献。徹底マークを受けるなかで繰り出した高速シザースに、「魔法のドリブル」「スポットライトを奪った」と称賛が寄せられている。

 PSGは前半8分にスペイン代表MFパブロ・サラビアのゴールで先制したなか、10番のネイマールに対して執拗なマークが続く。溜まったフラストレーションプレーに凝縮させたのが前半36分だった。

 左サイドフランス代表FWキリアンムバッペからスローインを受けたネイマールに対し、モンペリエMFテジ・サバニエが背後から臀部を蹴るようにハードチャージ。ファウルと判定されてプレーが止まった直後、ネイマールボールを受けると猛然とサバニエに向かってドリブルを仕掛ける。相手の間合いに入ると高速シザースで幻惑し、足を出してきた瞬間に左へ。鮮やかにサバニエを置き去りにしてみせた。

 スペイン紙「AS」コロンビア版は「ネイマールはこの魔法のドリブルでリスタート」と見出しを打ち、「ネイマールは世界最高の選手の1人であり、それを証明している。モンペリエ戦で背後から相手に蹴られた次のプレーで彼は披露した」とファウルに対する“仕返し”とも言える華麗な個人技を称えた。中南米のサッカー専門サイト「BOLAVIP」が「ネイマールには個性がある。彼が臨んだ時、そこには壮大なドリブルが描かれる」と伝えれば、オランダメディア「VTBL」も「壮観なプレーでスポットライトを奪った」とレポートしている。

 その後、後半12分にムバッペゴールを演出するスルーパスを供給するなど、フル出場で勝利に貢献。現地1月26日のリール戦後、「これまでで最高のコンディションだ」と語っていた充実ぶりをプレーでも証明している。(Football ZONE web編集部)

PSGのブラジル代表FWネイマール【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)