no title


試合終盤までプレー存在感示せず「中盤に落ちてきた時は特に動きがシャープに見えたが…」

 リバプールは現地時間26日、FA杯4回戦で3部シュルーズベリーと対戦し、2-2と引き分けた。日本代表MF南野拓実は先発出場し、先制点に関与したものの、主力を温存したチームは2点のリードを守り切れずに再試合が決定。英メディアは南野に対し、「後半は酷く静かになった」「まだ独り立ちできていない」と厳しい評価を下している。

 1月1日付けでリバプールに加入した南野は、5日に行われたFA杯3回戦エバートン戦(1-0)で公式戦の初陣を飾った。また、23日に行われた第24節ウルヴァーハンプトン戦(2-1)では前半33分にセネガル代表FWサディオ・マネが負傷し、緊急投入でリーグデビューを果たしていた。

 ウルブス戦では前半に左サイドハーフ、後半に右サイドハーフに入った南野だが、シュルーズベリー戦では4-3-3システムの最前線に配置された。前半15分、後半1分にゴールを奪い2点のリードを得るも、同20分に与えたPKを決められると、同30分に同点弾を奪われ、格下相手にまさかの引き分けに終わる結末となった。

 ウルブス戦から先発11人全員を入れ替えたリバプールだが、過密日程のなかで再試合に持ち込まれ、温存策が裏目に出ることになった。英メディアは後半30分にピッチを退いた南野に対し、厳しい評価を下している。

 英地元紙「リバプールエコー」は南野に10点満点中6点を付け、「(DFネコ・)ウィリアムズクロスに頭で合わせかけたが、好機を逃した。守備に走るために中盤に落ちてきた時は特に動きがシャープに見えたが、後半は酷く静かになった」と記している。英紙「デイリーミラー」は5点とし、「イングランドサッカーでまだ独り立ちできていない状況だが、良い兆候もあった」と綴っている。

 また、英メディア「Squawka」も5点を与え、「(MFハーヴェイ・)エリオットよりは試合に関与したものの、同じくらい無益だった。おそらく所定の位置からずれていたが、気にかけずもっと積極的になるべきだった」と指摘している。3部チームが相手だったこともあり、結果を手にするチャンスでもあったが、なかなか存在感を発揮するには至らず。最終的には勝利も取りこぼしており、チームだけでなく南野も不完全燃焼に終わった。(Football ZONE web編集部)

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)