(出典 img.footballchannel.jp)



アクラフ・ハキミ 写真提供:Gettyimages

 レアル・マドリードからボルシア・ドルトムントレンタル中のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが、マドリードへの想いを語った。スペイン紙『アス』が伝えている。

 2018年夏の移籍市場でマドリードからドルトムントへと2年間のレンタルで移籍したハキミ。ドイツの地で鮮烈な輝きを放っており、今後の去就に注目が集まっている。

 ドイツの盟主バイエルン・ミュンヘンからの関心もささやかれているハキミ。ドルトムントへの完全移籍かマドリードへの復帰か、決断には注目が集まっている。そんなハキミは、自身が下部組織から所属しているマドリードへの想いを語った。

アクラフ・ハキミ

「6月に何が起こるかなんてことはわからないよ。将来について話し合いはするだろうね。

 今この瞬間、僕はドルトムントでとても幸せだよ。それに、契約も4ヵ月間残っているしね。

 ただ、レアル・マドリードファーストチームプレーすることを、世界最高峰の選手たちとともにプレーすることをずっと夢見てきたよ。

 ジダンが僕をサッカー選手にしてくれたんだ。史上最高の選手から学べるなんて最高だろう?」

 



(出典 news.nicovideo.jp)