(出典 number.ismcdn.jp)



マウリツィオ・サッリ 写真提供: Gettyimages

故郷を離れて日本に住む私がイタリアの実家に戻ることには、とても深い意味があります。実家に戻れば若い頃の思いが一気に湧いてくるし、両親や親戚と再会することは嬉しい。しかしそれが一瞬だけのことと考えると、寂しさを強く感じることになる。

ユベントスの監督マウリツィオ・サッリにとって、ナポリは実家に帰るのと似たようなものでしょう。ナポリはサッリの生まれた街であるだけではない。両親が愛して長く働いていた街でもあり、自身をヨーロッパの一流監督の一人にした発射台の街でもあった(2015-2018年ナポリの監督を務め、その後チェルシーを経て2019年ユーベに就任したサッリ。彼の母はユーベの監督になることには反対したという)。

現在は敵チームとなったものの、サッリはいつもインタビューの時にナポリのことを懐かしそうに語る。そして、イタリアナポリサポーターは表では認めていなくても、現在の辛い状況(参照:ナポリがガットゥーゾの元でも結果を出せない理由と、革命の兆し)の中、サッリのことを懐かしく思っているだろう…。

リース・メルテンス 写真提供:Gettyimages

ナポリというチームは未だにサッリの遺伝子を持っている

2018年5月、ナポリがユーベとセリエA優勝をかけたギリギリの勝負(ユーベ勝点95、ナポリ勝点91でシーズン終了)をした後に、サッリはナポリを解任となった。その後から南イタリアチームは混乱に包まれている。たくさんの優勝経験があるカルロアンチロッティ(2018-2019)でさえ、このチームを進化させることに苦しんだ。

サッリのシステムスタイルは、当時からナポリに残っている選手の頭の中に消えないタトゥーのように未だにある。入れてしまったタトゥーを消すのはとても難しいことです。特にロレンツォ・インシーニェとドリース・メルテンスは彼の元では100%以上の実力を出すことができていたが、サッリの解任後はあの頃と同じようなプレーのキレを見せられていない。

現ユーベの監督サッリの元で、ナポリは完璧な得点取りマシーンだった。今は得点にも苦しんでいる上、ランキングではすでにユーベから勝ち点27も離されている(2020年1月25日現在ユーベは勝点51、ナポリは勝点24)。

ナポリにとって次のステップに進むためであったサッリの解任は、今となっては誤った選択だった。それをよく理解しているアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、サッリと似たようなシステムを使うジェンナーロ・ガットゥーゾを新監督に選んだ。そして、デ・ラウレンティス会長はガットゥーゾの初めての記者会見で「ガットゥーゾはナポリ美しいサッカーを再びもたらしてくれる男」と、かつてに戻りたいことを感じさせるニュアンスの発言をしている。実際にそうなるかどうかはわからないが…。

クリスティアーノ・ロナウド 写真提供:GettyImages

サッリのナポリに対する気持ちとユーベでのやりがい

1月27日午前4時45分(日本時間)スタディオ・サン・パオロ(ナポリのスタジアム)で開始されるナポリ対ユーベの一戦に向けたインタビューで、サッリはナポリでの経験をこう語った。

「今までに経験したことがないとても濃い3年(2015〜2018年)だった。今は800km離れたところ(ユーベの町トリノ)で指導者をしているが、ナポリの選手たちとは未だに良い関係にある。彼らのおかげで私は指導者としてレベルアップができた」

ナポリは、サッリ時代の3年でリーグ戦合計259の勝点(シーズン毎に平均86ポイント)を獲得し、魅力的で攻撃なサッカーと大量のゴールマラドーナが所属した頃(1984-1991)のような盛り上がりをもたらした。

しかし現在のサッリには、ナポリのことを考える余裕などない。当然ながら100%ユーベの指導に集中している。ビアンコネーリ(ユーベの愛称)は今シーズン2試合しか負けておらず(カップ戦とリーグ戦一敗ずつ、両方ラツィオを相手に)チャンピオンズリーグでは絶好調。直近のリーグ2戦では、現在2位のインテルに勝ち点4の差をつけた。エンジンのかかったユーベがこれから敗れるのは考えにくい話です。

2019年夏から指導し始めたユーベに関してサッリはこう語る。

「ここでは幸せです。私が最も好む2つのシステム(エンポリの監督だった頃の4-3-1-2とナポリの時の4-3-3)を両方できる無限の可能性があるチームです。1つの負けも許されていないこの環境で、私も指導者としてもっともっと伸びることができる」

マウリツィオ・サッリ 写真提供: Gettyimages

ナポリとサッリの再会は酷い雰囲気に?

もちろん、サッリはユーベの指導者であるわけで、ナポリに帰ってもビアンコネーリのことだけを考えなければならない。そして、ナポリサポーターはサッリが恋しくとも、彼がライバル側に渡ったことを許していない。

たとえ心の中では両思いであっても、ナポリホームで行われるこの戦いは酷い雰囲気になるに違いない。サッリはナポリサポーターから暖かいメッセージや花束などの代わりに、ブーイングと侮辱の言葉を食らうことになるだろう…。そしてサッリは一度もサン・パオロのサポーターに向かうことなく、ユーベの勝利に向かって容赦無くナポリにぶつかるだろう。



(出典 news.nicovideo.jp)