(出典 www.soccer-king.jp)



 パリ・サンジェルマンPSG)に所属するフランス代表FWキリアン・エンバペが、プレミアリーグ無敗のリヴァプールと、移籍の噂が絶えないレアル・マドリードについて語った。21日付でイギリス紙『BBC』が伝えている。

リヴァプールはまるで“機械”のようだ…

 リヴァプールユルゲン・クロップ監督は、エンバペはクラブの払える金額の範疇を超えたストライカーだと称賛している。

 そんなリヴァプールについて、エンバペも「彼らはタイトル獲得に向けて、一切の油断がない。まるで“機械”のようだ。彼らのリズムを見つけて、それを繰り返し行う」と称賛を送っている。

レアルについて話すのはパリにとって良くない

 今季のエンバペは、パリの3年連続フランスカップ優勝へ向けてプレーしている。そんな中、レアルへの移籍の噂が絶えない。そのことについて、以下のようにコメントしている。

「みんなそれについて話すけど、今がそのときではないことは僕がよくわかっている。それに1月というシーズンの大事なときに、レアルのことについてなにかコメントしてしまうと、世間はその話題ばかりになってしまう。それはパリにとって良くない。今は落ち着いてパリでの試合に集中すべき」

パリのキリアン・エンバペ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)