(出典 amd.c.yimg.jp)



 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、チーム練習に参加したようだ。20日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 報道によると、負傷のため戦列を離れていたベイルとJ・ロドリゲスは、20日に行われたチームの練習に参加したという。同クラブジネディーヌ・ジダン監督は、18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節セビージャ戦の前に、両選手はまだ軽傷を抱えていると説明していた。そのため、今週負傷から回復したと見られており、両選手は22日に行われる国王杯3回戦ユニオンスタス・デ・サラマンカ戦もしくは、26日に行われるリーガ・エスパニョーラ第21節バジャドリード戦への出場を目指しているという。

 また、昨年11月に負傷したベルギー代表FWエデン・アザールは、2月での戦列復帰が見込まれている模様。2月1日に予定されている同第22節、アトレティコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”での復帰を目指し、現在治療を行っているようだ。

ベイル(左)とJ・ロドリゲス(右)がトレーニングに復帰した [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)