no title



ユナイテッド戦で筋骨隆々の肉体を露わにするゴールパフォーマンスを披露したサラー

 リバプールは現地時間19日、プレミアリーグ第23節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-0と勝利を収めた。終了間際に2点目のゴールを奪ったエジプト代表FWモハメド・サラーは、ユニフォームを脱ぎ捨てて筋骨隆々の肉体を露わにするゴールパフォーマンスを披露したが、親友でもある同僚のクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが試合後の裏話を明かしている。

 本拠地アンフィールドでの“ナショナルダービー”を迎えたリバプールは前半14分、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが幸先良く先制点を決め、その後も怒涛の攻撃を仕掛けるも、なかなか追加点をあげることができなかった。試合終盤にはユナイテッドに押し込まれるシーンもあったが、1-0で迎えた後半アディショナルタイム3分、ブラジル代表GKアリソンパントキックに抜け出したサラーが、爆発的なスピードのドリブルからゴールを奪った。

 勝負を決する追加点に歓喜を爆発させたサラーは、ユニフォームを脱ぎ捨て、筋骨隆々の肉体を露わにするゴールパフォーマンスを披露した。そうしたなか、現在負傷離脱中のロブレンは試合後、一枚のスクリーンショットを公式インスタグラムに投稿。メッセンジャーアプリ「What App」でサラーから上半身裸のセレブレーション写真が送られ、「なんて言ってほしいんだ?」と返すと、「いや、送信ミスだ」と返してきたやりとりを明かしていた。

 これを受けて、英紙「ザ・サン」が「サラーがトップレス写真を“誤爆”したとロブレンが暴露」との見出しで報じると、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「謎の送信ミスだが、全員の大爆笑を誘った」と取り上げている。サラーとロブレンチーム内でも仲睦まじいことで知られているが、ピッチ外でも良好な関係を築いていることを物語っていた。(Football ZONE web編集部)

ユナイテッド戦でゴールを決めたFWモハメド・サラーと負傷中のDFデヤン・ロブレン【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)