no title


 日本代表FW堂安律が所属するPSVは、新たにプーマと公式サプライヤー契約を締結することを発表した。

 PSVとプーマの契約は2020年7月から。契約期間は明らかにされていないが、複数シーズンにわたる長期契約になる見込みだ。

 プーマのスポーツマーケティング兼スポーツライセンスディレクターヨハンアダムソン氏は次のようにコメントし、今回の契約に至った喜びを語った。

PSVヨーロッパで最も誇りと権威あるクラブの1つであり、サッカーの歴史において素晴らしい功績を残してきました。このような輝かしいクラブをプーマファミリーとして迎え入れ、今後の活躍をサポートできることを大変嬉しく思います」

 また、PSVコマーシャルディレクターであるフランス・ヤンセン氏も以下のようにコメントを発表している。

「プーマとPSVは、日々改善と進化を求めています。彼らのモットーである“Forever Faster(フォーエバーファースター)”は、まさに我々が受け入れるべき信念です。このパートナーシップによって、我々はほかにはないユニークな存在であり続けることができるのです。プーマのDNAである品質、快適性、信頼性は、まさに我々がスポーツウェアに求める要素。マンチェスター・Cミランドルトムントバレンシアなど素晴らしいクラブが所属するプーマファミリーに迎えられ、大変光栄に思います」

プーマのウェアに身を包んだPSVの日本代表FW堂安律 [写真]=PUMA


(出典 news.nicovideo.jp)