no title


メッシC・ロナウドの推定市場価格は30代選手でも高額 昨季CL王者が全体的に高評価

 スイスサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」が、欧州5大リーグに属する選手の推定市場価格を更新し、最新の価格で5000万ユーロ(約60億円)以上の価格のついた166人の選手を発表。そのなかで推定市場価格が最高値となったのは、2億6520万ユーロ(約3213055円)でパリ・サンジェルマンPSG)のフランス代表FWキリアンムバッペだった。

 21歳になったばかりのムバッペは、世界で最も成功している若手選手に挙げられる。19歳で18年のロシアワールドカップ優勝に貢献し、PSGでもリーグ優勝など多くのタイトルをもたらしている。

 モナコからPSGに移籍した際には最終的な移籍金が1億8000万ユーロ(現在のレートで約218億円)になったというが、次にムバッペの移籍が実現した時にはPSGブラジル代表FWネイマールPSGへ移籍した時の2億2200万ユーロ(現在のレートで約269億円)を上回ることが確実視されている。今回、「CIES Football Observatory」が査定したムバッペの価格は2億6520万ユーロ(約3213055円)だったが、さらに高値となる可能性は十分に考えられる。

 続いて2位となったのは2億2370万ユーロ(約271258万円)の値がついたマンチェスター・シティイングランド代表FWラヒーム・スターリング。3位は1億7510万ユーロ(約2121440万円)となったリバプールエジプト代表FWモハメド・サラーだった。

メッシは30代選手として唯一のトップ10入り、C・ロナウドは最年長選出

 昨年に史上最多となる6回目のバロンドールを受賞した世界一の選手と言われるバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、唯一の30代選手としてトップ10入り。1億2550万ユーロ(約152億507万円)という推定価格で、ベテランとなった今でもその価値を示している。

 一方、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、166人中6人しかいない30代選手のなかで最年長選手としてランクイン。8030万ユーロ(約97億2882万円)と一時に比べれば価値が落ちているものの、以前として高い評価を受けている。また、移籍金史上最高額の記録も持つネイマールは、1億40万ユーロ(約121億6406万円)で移籍当初より大きく価値を下げる結果となっている。

 上位50人にランクインした選手のなかで最も多くの選手が選ばれたクラブリバプールで、昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制覇して選手ほぼ全員が価値を上げた。国籍ではイングンドの選手が最も多く10人、次いでブラジル出身選手が9人となっている。(Football ZONE web編集部)

欧州5大リーグの推定市場価格最高値になったのは…?【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)