(出典 img.footballchannel.jp)



イタリア人指導者であるマッシミリアーノ・アッレグリ氏(52)がマンチェスター・ユナイテッド行きを視野に入れているという。イギリスデイリーメール』が報じた。

シーズン限りでユベントス監督を辞したアッレグリ氏。シーズン途中に監督交代を決行したアーセナルや、バイエルン行きが取り沙汰された時期もあったが、いずれも実現せず、フリーの状況が続いている。

そのアッレグリ氏は以前、新たな挑戦に向けて英語のレッスンを受けていることを明かした上で、今シーズンいっぱいの休養を口にしたが、ユナイテッドでの仕事を期待して、現場復帰を延期している状況だという。

ユナテッドは現在、プレミアリーグ8勝7分け6敗の5位。オーレ・グンナー・スールシャール監督(46)は解任を恐れていないと話したが、直近の公式戦6試合でわずか2勝(1分け3敗)しか挙げられていないなど、うまくいっていない。

なお、元トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏(47)もアレッグリ氏と同じようにスールシャール監督の後任としてユナイテッドを指揮する機会をうかがっているとみられる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)