(出典 portal.st-img.jp)



 レアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督は、今シーズンに同クラブに加入したセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチに対する、周囲の忍耐を求めた。7日に、スペインラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

 昨シーズンフランクフルトで大ブレイクを果たし、一躍移籍市場の“目玉商品”となったヨヴィッチ。本人も憧れだと公言していたレアルへ入団したところまでは順風満帆だったものの、加入後はエースFWカリム・ベンゼマの陰に隠れる日々を送っている。適応に苦しんだこともあり、リーガ・エスパニョーラではここまで12試合に出場し1得点。途中出場が多く、満足に実力を発揮できているとは言い難い。

 だが、ジダン監督はヨヴィッチへの信頼を失っていないようだ。指揮官は、苦しむ22歳のFWをフォローするコメントを発している。

「彼はまだ22歳の若者だ。よく学び、ハードワークしているよ。それに、好青年だしね。彼はこれから多くのゴールを決めることだろう」

「『プレーしたい』という彼の気持ちは理解するさ。しかし、ゆっくり進んでいかなければならない。彼は約6カ月を私たちと共に過ごしてきた。彼には心の安らぎと、忍耐が必要だね」

 指揮官からの厚い信頼を受けるヨヴィッチ。“白い巨人”で真の実力を発揮する日は、近いかもしれない。

今季レアルに加入したヨヴィッチ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)