no title


パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアンムバッペが、ヨーロッパゴールデンシュー(欧州得点王)に関して、あるエピソードを明かした。『フランスフットボール』が伝えている。

ヨーロッパ各国のサッカーリーグに在籍する選手のうち、シーズンで最も得点を決めた選手に与えられるヨーロッパゴールデンシュー。昨シーズンラ・リーガで36得点を挙げたバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞した。

ムバッペリーグ・アンで33得点と栄冠に届かず2位に。受賞できると思っていただけに、メッシ驚愕すると共に、バルセロナに所属する同胞のFWウスマーヌ・デンベレに思わず、こう尋ねたことがあるようだ。

「昨シーズン、僕はそれ(ゴールデンシュー獲得)に挑戦できると思ったんだ。しかし、メッシが上を行った。僕が2ゴールを決めれば、彼は3ゴールを決めるし、僕が3ゴールを決めれば、彼は4ゴールを決めるんだ」

「あまりにもクレイジーだったから、ウスマーヌ・デンベレに聞いたんだ。『ありえないよ! 彼は意図的にあれをやっているのかい? 僕のゴール数を確認しているのかな…』ってね」

「そしたら彼は『もちろん彼は君を見ているよ』って言ってきた。僕は『えぇ…メッシが僕を見ている…』って言ったんだ。あんな選手に見られるなんて光栄だよ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)