(出典 football-tribe.com)



アーセナルvsマンチェスター・シティの一戦が中国国営テレビの放送予定から削除されたようだ。イギリスBBC』が伝えた。

報道によると、中国の国営放送局であるCCTVは、プレミアリーグ第17節のアーセナルvsシティの一戦を削除したとのこと。これは1つのSNSの投稿が原因とみられている。

それは、アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルSNSに投稿したもの。中国のウイグルイスラム教徒の扱いについての投稿だった。

イスラム教徒であるエジルはウイグル人に対し「迫害に抵抗する戦士」と投稿。中国とイスラム教徒のどちらも批判する形となってしまった。

中国は、国内にいるウイグルイスラム教徒の虐待を一貫して否定している状況でのコメント。これに中国サッカー協会は、エジルのコメントについて「受け入れられない」ものとし、中国ファンの「感情を傷つけた」として非難している。

CCTVは、アーセナルvsシティの一戦を生配信する予定だったが、これを取り消しトッテナムvsウォルバーハンプトンの試合を放送することにしたようだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)