(出典 www.football-zone.net)



【識者コラム】CLガラタサライ戦で見せたPSGエースの“落ち着いた姿”

 ネイマールが変わった気がする。

 夏のバルセロナへの移籍が実現せず、負傷もあって開幕に出遅れた。復帰直後に得点して「やっぱりネイマール」という話にはなったが、その実力はともかくとして、心はすでにパリ・サンジェルマンPSG)から離れてしまっているエースに対して、ファンの心情も複雑だったのではないか。

 ネイマールは活躍しているけれども、どこか「仕事だからやるけどね」という冷めた雰囲気も感じられた。ただ、それは見ている側の一方的な思い込みだったかもしれない。冷めたのではなく、落ち着いたのかもしれない。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節のガラタサライ戦、ネイマールはPKをエディンソン・カバーニに譲った。キリアンムバッペが倒されてPKを得ると、ネイマールムバッペの手からボールを取り、少し離れたところにいたカバーニのところへ届けた。そして、カバーニがPKを決めると、真っ先にカバーニに飛びついていった。ネイマールカバーニムバッペも、皆ハッピーに見えた。

 ネイマールカバーニには、PKを巡っての因縁がある。

 ネイマールPSGに桁外れの移籍金で加入した2017年9月、リーグ・アン第6節のリヨン戦でカバーニがPKキッカーをネイマールに譲らなかった。そのことでロッカールームでは2人が激しく対立したと報道されている。

 さらに続報として、ナセル・アル=ケライフィ会長がカバーニに「PKを譲るなら100万ユーロ(約1億2000万円)のボーナスを用意する」と伝えたとも。カバーニには得点王になったら100万ユーロボーナスが支給されることになっていた。だからPKを譲らなかったのだと考えた会長は、諍いを沈めるために提案したという。カバーニは「金の問題ではない」と申し出を断ったそうだ。フェイクニュースの匂いもするが、火のないところに煙は立たない。ネイマールカバーニの間に何かはあったのだろう。

 その後は、それ以上の問題には発展していない。ただ、エース同士のプライドの張り合いというのは、割とよくある話である。

精力的に守備を行い、2トップを引き立てるようなプレーも…

 かつて米国に北米リーグというものがあった。現在のMLSより前にあったサッカーリーグだが、消滅してしまっている。しかし、1970年代半ばにはニューヨークコスモスがとても人気があり、コスモスを中心にサッカーブームを起こしている。引退していたペレを復帰させたことが起爆剤だった。フランツ・ベッケンバウアーヨハン・クライフ、エウゼビオ、ジョージベストといった往年のスターが北米リーグプレーしている。

 コスモスはペレのほかに、イタリアラツィオからジョルジョ・キナーリアというFWを獲得した。ペレとキナーリアは名コンビを組むのだが、ペレはある日、「なんでもかんでも自分でシュートするな」とキナーリアに忠告した。するとキナーリアは「俺が打ちたい時は、いつでもどこでもシュートを打つ」と反論。思わぬ反撃にペレはショックを受け、涙を流したという。

 ピークを過ぎていたとはいえ、ペレである。サントスでもブラジル代表でも、チームメートがペレにシュートを打たせるためにプレーするのは当然のことだった。現在のバルセロナでも、リオネル・メッシスタイルに合わせられないFWはプレーできない。世界に名が知られているわけでもないイタリアから来た男に反撃されるとは、ペレにしてみれば思いも寄らないことで、悲しかったのだろう。

 ネイマールカバーニにPKを譲ったガラタサライ戦、ネイマールはこれまでになく精力的に守備をしていた。そして、ムバッペマウロ・イカルディの2トップを引き立てるようなパスを再三送っていた。強引なドリブルも減り、淡々と、しかし効果的なプレーをしていた。

フットボールができて、仲間とボールを追いかけられる。それだけが今、僕がここにいる理由だ」

 熱望していたバルサ移籍が実現しなかったことで悟りを開いたようなコメントにも聞こえるが、フィールドネイマールもとても落ち着いていた。

カバーニに足りなかったのはゴールだけだった。彼が決めて皆がハッピーだし、僕もパリもハッピーだ」

 たとえ望みが潰えて開き直った結果だとしても、現在のネイマールは一皮剥けたように見える。1人の力でCL優勝へ導くスーパースターとして過剰な期待とともに迎えられたが、ようやくPSGの一員として皆で頂点を目指す環境が整ったのではないだろうか。(西部謙司 / Kenji Nishibe)

CLガラタサライ戦で”大人の振る舞い”を見せたPSGのネイマール【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)