(出典 portal.st-img.jp)



 バルセロナマンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の招へいを検討しているようだ。イギリス紙『エクスプレス』が15日に伝えている。

 グアルディオラ監督は下部組織も含めて1983年から2001年までバルセロナプレー。指導者としてのキャリアもバルセロナからスタートし、2008年トップチームの監督に就任した。その後はバイエルンを経て、2016年からマンチェスター・Cで指揮を執っている。

 今回の報道によると、グアルディオラ監督が今シーズン終了後にマンチェスター・C退団を決断した場合、バルセロナは同監督の招へいに動くという。

 バルセロナチャンピオンズリーグ(CL)で2年連続の大逆転負けを喫するなど、4シーズン優勝から遠ざかっている。同クラブグアルディオラ監督の下で「成功への回帰」を熱望しているという。

 クラブの規定を満たせば監督自ら契約を解除できる条項の存在を否定したグアルディオラ監督だが、今シーズン終了後に古巣であるバルセロナ指揮官の座に復帰するのだろうか。動向に注目が集まる。

マンチェスター・Cで指揮を執るグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)