(出典 lifepicture.co.jp)



 リヴァプールは13日、元イングランド代表MFジェイムズ・ミルナーとの契約延長を発表した。新契約は2年延長となる2022年までとなっている。

 現在33歳のミルナーはリーズ・ユナイテッドの下部組織出身。2002年トップチームデビューを飾ると、その後ニューカッスルアストン・ヴィラを経て、2010年マンチェスター・Cに移籍を果たす。マンチェスター・Cで5シーズン過ごしたミルナーは、2015年リヴァプールへ加入。

 今シーズンリヴァプール在籍5シーズン目となる同選手は、クラブで副キャプテンを務めており、これまで公式戦198試合に出場して25ゴールを記録している。

 ミルナーはリヴァプール公式サイトを通じてコメントを掲載。クラブとの契約延長について「僕は幸運で、このクラブで4年半プレーできて光栄だ」と述べ、次のように続けた。

クラブがどのように変化して発展しているかを見るのは、素晴らしい時間だった。毎日トレーニングに参加して、選手やマネージャーコーチなどとこのクラブの一員であることを楽しんでいるよ。僕達が世界中から受けるサポート明らかに信じられないほどだ。サッカーをするのに素晴らしい場所だと思っている」

クラブと話し合ったが、今回の契約延長は明らかに僕にとって理想的なことだった。これは僕が思い描いていたことであり、できる限り最高レベルプレーしたい。リヴァプールは信じられないほどの場所であり、非常に良いサッカーチームで、うまくいけば改善し続けることができる」

リヴァプールと契約延長に至ったミルナー [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)