(出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



写真提供: Gettyimages

 マンチェスター・ユナイテッドイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードプレミアリーグ127試合で、現在ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのユナイテッド時代を超える記録を残したようだ。12日、英紙『デイリーメール』が伝えている。

 同紙はラッシュフォードプレミアリーグ127試合とロナウドのユナイテッド時代の127試合を比較。ラッシュフォードロナウドより約800分短い出場時間のものの、ロナウドの34ゴールに対して37ゴールを記録。ロナウドの記録を3ゴール上回っている。

 アシスト数はロナウドの22に対して18と後れを取っているものの、1ゴールに費やす時間はロナウド262分に対して219分。また、得点率はロナウドの7.2%に対して14.5%と約2倍の得点率を記録している。

 ラッシュフォードは今シーズンプレミアリーグ16試合に出場。10ゴール4アシストを記録。127試合目の出場となった7日のマンチェスター・シティ戦でも1ゴールを記録。マンオブザマッチにも選ばれる活躍を見せた。ラッシュフォードロナウドを超える日も遠くないのかもしれない。




(出典 news.nicovideo.jp)