(出典 pbs.twimg.com)



ポール・ポグバ 写真提供:Getty Images

 レアル・マドリードが1月の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバを獲得することを諦めていないようだ。8日、スペインメディアEl Desmarque』が伝えている。

 今夏の移籍市場でユナイテッド退団を望み、マドリード行きの噂が強く報じられていたポグバ。最終的に移籍は実現しなかったが、今シーズンは怪我の影響から今年の9月に行われたアーセナル戦以降試合に出場していない。しかし、マドリードはそんな同選手の獲得を諦めていないようだ。

 今回の報道によるとマドリードポグバの獲得にコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスウェールズ代表FWガレス・ベイルとのトレード移籍を計画しているとのこと。

 また1月の移籍市場で獲得を狙う理由として、来年夏にユナイテッドポグバの契約が残り1年となり、今より多くのチームが獲得レースに参戦することを懸念しているようだ。

 果たして、マドリードポグバを獲得することは出来るだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)