エルリング・ブラウト・ホランド 写真提供:Gettyimages

 ユベントスレッドブルザルツブルクノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ホランドに対して、最初のオファーを提示したようだ。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 今シーズンチャンピオンズリーグ(CL)5試合に出場し8ゴール、公式戦では21試合で28ゴールを記録しているホランドサッカー界に颯爽と現れた新星として、多くのビッグクラブが注目を集めている。そのホランドに対し、ユベントスが最初のオファーを提示したようだ。

 報道によると、ユベントスはホランドに対し年間300ユーロ(約3億6000万円)+ボーナスのオファーをを提示したようだ。元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの後釜として、長期的な視野での獲得を目指しているという。

 今週にホランドザルツブルクの間に3000万ユーロ(約36億円)の契約解除金が設定されていると報告され、注目を集めている同選手。果たして、今冬の移籍市場で早くも移籍が実現するのだろうか。




(出典 news.nicovideo.jp)