(出典 f.image.geki.jp)



アーセナルスペイン人DFエクトル・ベジェリンはチームの復活を信じている。イギリスデイリーメール』が伝えた。

開幕からなかなか調子が上げられず、先月29日についにウナイ・エメリ監督の首を切ったアーセナル。その後、アシスタントコーチを務めていたフレドリックユングベリ氏を暫定監督に昇格させたが、直近のリーグ戦でも格下ブライトンに1-2で敗れ、公式戦9試合未勝利となった。

一向に復調の兆しが見えてこない現状にベジェリンは悲痛な思いを覗かせつつも、人生に例えてチームが必ず良くなると前向きな姿勢を示している。

「なんて言えばいいかわからないよ。何をしても正しいと感じられないんだ」

チームベストを尽くし、チャンスを作って良い守備もしたけど、得点するためには全然足りないみたいだ。対戦相手にはチャンスの度にゴールを決められる。ちょっと言葉が見つからないね」

「各選手が全力を注いでいる。ピッチに出る時、僕たちは勝利を望みベストを尽くす。チームエネルギーに満ちていたと思うよ。進み続けなければいけないね。100%結果がついてくると信じているよ」

サッカーとは人生のようなもので浮き沈みがある。僕はここでトロフィーを獲得した。良いシーズンもあれば悪いシーズンもあるよ」

「今週、フレディ(ユングベリ)はチームを大いに助けてくれた。彼はロッカールームに多くのエネルギーをもたらしたんだ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)